自分探し厨の深層心理てすと【価値観辞典】

頭を下げお世辞を言い話を聞かされ

孤独というのは、従業員に給料を払うために、経営者は会社と利益のために真剣ですが、

働く側は社長の苦労など気にしません。

題名 - 頭を下げお世辞を言い話を聞かされ
経営者の端くれ


父上は、経営者との事。



私も、経営者の端くれでしたので、私なりに綴ってみます。

会社を経営すると、良いときも悪いときも(倒産しても大儲けしても)一切の責任は、経営者にくる。



当たり前のことですが、良いときは取引先も社員もすべてが経営者に、やる気も欲も与えます。    

逆風になれば社員も取引先も、自らの立場も経営者の負担になってきます。



下げたくない頭を上位会社に下げ、言いたくもないお世辞を言い、聞きたくもない話を聞かされて、

ストレスを目一杯貯めながら、経営者としての(社員と社員の家族と自分の家族を守るという)立場に振り回されます。



やがて資金繰りが上手くいかなくなれば倒産し、数億~数十億の借金を抱えます。

そうなれば、守ってきたつもりの社員と社員の家族に罵声すら浴びせられます。

題名 - 頭を下げお世辞を言い話を聞かされ
会社が倒産…


経営者は、会社が倒産すればすべての責任が来ますが、専務と言われていようが副社長と言われていようが、

経営者以外に責任が来ないと言うのが常識です。



借金すら会社と自分名義でおこなって、資金繰りして、給料を出してきたのに。

経営者は孤独です。



孤独というのは、従業員に給料を払うために、経営者は会社と利益のために真剣ですが、

働く側は社長の苦労など気にしません。



休みは休み、仕事の中でも楽をすることを見つけ、会社のための資金繰りなんてしません。

題名 - 頭を下げお世辞を言い話を聞かされ
責任のすべては、経営者


倒産ともなれば、社員という権利を使って簡単に離れていきます。

責任のすべては、経営者。



経営者の責任は、あまりにも大きいのです。

大きくしたいという欲望を持って会社を経営するというのは、こういう事です。



察するに貴方の父上は、相当のストレスを持っておられるのでしょう。

自宅で、仕事の話や愚痴を話す方ですか?



話すとしたら、心の拠り所を自ら壊しているのです。

私は、家では一切仕事の話をしません。

せめて家くらい仕事を忘れたいから、家や家族を仕事に汚染されたくなかったから。



怒りっぽく短気な性格も、立場と社会に形成されたとも言えるでしょう。

お父さんの思考は、視野狭窄になっていると思います。



家庭内でストレスを発散するのは、仕事の苦労を一人で溜め込んでいる、

もともと幼児性を持つ性格、のどちらかなのでしょう。



貴方が、お父さんに話をしてみてください。

「お父さんがゆっくり出来る日に、一度話したいことがある」といってみては?

話題は、とっかかり貴方の人生に対することでも良いでしょう。



きちんと息子の将来を考えている父親だったら、今度は貴方の番です。

父を心配するが故に、会社の事を聞いてみたりしてください。



「父さんを見ていると、悲しくなる、心配になる」とか。

純粋無垢な子供の言葉に、考え方や生き方を変えられたりすることもあると思うのです。



もしも、最初からこんな父親だったと言うのなら・・・。

あなたのお母さんにも、(父親なりに)原因があったりします。



甘すぎたり、リップサービスが無かったり、会話がなかったりと、愛情という表現の欠如もあったり。

あなたのご家庭やご両親の環境やエピソードが判りませんので、今回はこの辺で。



まず、父親と母親と、自分たち子供を含めた「観察」をして、要因を探りましょうか。

題名 - 頭を下げお世辞を言い話を聞かされ
頭を下げお世辞を言い


しゃべり方改善方法につきまして色々と*さん、*さん、ありがとうございます。

前のページ < > 次のページ